SSブログ

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 小栗旬 西島秀俊 最終話 田中哲司 野間口徹 新木優子 長塚京三 石田ゆり子 飯田基祐 眞島秀和 野崎萌香 [ドラマ]

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班フジテレビ系

小栗旬と西島秀俊が、直木賞作家・金城一紀のアクション大作に挑む

CRISIS1.GIF

放送日2017年6月13日15分拡大版
毎週火曜 21:00~22:09
主題歌:I need your love/Beverly


最終話【最後の決断!命を懸けた闘い】

CRISIS10.GIF

稲見(小栗旬)の自衛隊時代の同期で、
元特殊部隊員の結城(金子ノブアキ)が
テロを企てていることが判明。

鍛治(長塚京三)は射殺を辞さない
覚悟で任務にあたるように命じるが、
稲見はかつての仲間に銃口を向ける
ことをためらう。

そんな稲見の気持ちをよそに、
結城は特捜班のオフィスに侵入し、
大山(新木優子)を脅して閣僚の
個人情報を入手。

さらに、駆けつけた特捜班のメンバーもろとも
オフィスを吹き飛ばし、宣戦布告。

怒りに震える稲見は、結城と戦うことを決意する。  

やがて、大山が入手した結城のパソコン内の
データから、あるものを見つけ出す。

テロの動機解明につながるかもしれないーー誰もが
そう思った矢先、吉永(田中哲司)の元に結城が
総理大臣の岸部(竜雷太)を狙撃したとの
情報が飛び込んでくる。

早速、稲見は田丸(西島秀俊)と現場へ
急行するが、現場の状況にはある違和感が。

そして2人が結城の真の狙いに
気付いた直後、特捜班は鍛治から
「新しい任務がある」と告げられて……。 

 はたして、結城のテロ計画の裏に
隠された真実とは!?

「この国の、未来のために」。

規格外な敵を前に、
稲見はどう立ち向かうのか。

そして、激しい闘いの末、
最後に特捜班を待ち受けているものとはーー!?




『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』
メイキング&オールアップインタビュー!




.

キャスト

小栗旬/稲見朗 役
特捜班のメンバーで、元自衛隊員。
自衛隊時代のある特殊任務で、
心に深い傷を負い除隊した過去があり、
それを隠すように周囲に明るく接している。
派手な立ち回りで犯人を制圧する。

西島秀俊/田丸三郎 役
特捜班のメンバー。
かつて所属していた公安部外事課では、
アジア関係のスパイ摘発や、
新興宗教団体に協力者を潜り込ませて
動向を監視する任務に就いていた。
しかし、ある事件をきっかけに
異動を命じられ、その後特捜班に
引き抜かれた経緯を持つ。
真面目でストイックな性格で、
冷静沈着な動きで犯人を追い詰める。

田中哲司/吉永三成 役
特捜班の班長。
仲間思いで、常に冷静に班を指揮する。
元警視庁捜査一課の刑事で、
取り調べの名手。

野間口徹/樫井勇輔 役
特捜班のメンバー。
元機動隊爆発物処理班で、
爆弾物の処理や製造に精通している。
抜群の嗅覚を持ち、においが
色分けされて見える「共感覚」と
呼ばれる特殊能力の持ち主でもある。

新木優子/大山玲 役
特捜班のメンバー。
すご腕の元ハッカーで、
サイバー情報分析のスペシャリスト。
クールに見えるが、
実は心に闇を抱えている。

長塚京三/鍛治大輝 役
警察庁警備局長。
特捜班を自身直轄の秘密部隊として
組織した、特捜班の生みの親。
合理的な考え方をする切れ者で、
誰もその本心をうかがい
知ることはできない。

石田ゆり子

飯田基祐

眞島秀和

野崎萌香

概 要

直木賞作家の金城一紀が原案・脚本を務める、
骨太なアクションエンターテインメント。
国家の危機に立ち向かっていく
秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班の活躍を描く。

「カリ・シラット」という武術を
習得している金城自身がアクション
監修も担当し、2年半ぶりの
連続ドラマ主演となる小栗旬と、
小栗とは民放連続ドラマ初共演となる
西島秀俊が、約1年前から金城の下で訓練。
鍛え抜かれた肉体と抜群の身体能力で、
華麗なアクションを披露する。

各分野のスペシャリストが集結する
特捜班のメンバーには、
ほかに田中哲司、野間口徹、新木優子が、
特捜班の生みの親である警察庁警備局長には、
長塚京三が扮する。

ストーリー

 
元自衛隊員の稲見朗(小栗旬)、
元外事警察の田丸三郎(西島秀俊)が
所属する公安機動捜査隊特捜班は、
警察庁警備局長・鍛治大輝(長塚京三)
直轄の秘密部隊。

メンバーは、元警視庁捜査一課の刑事・
吉永三成(田中哲司)を班長に、
元機動隊爆発物処理班の樫井勇輔(野間口徹)、
すご腕の元ハッカー・大山玲(新木優子)と、
各分野のスペシャリストが集結しているが、
それぞれがすねに傷を持つ一癖も二癖もある面々。

そんな彼らが、テロリストや新興宗教団体、
軍事スパイ、麻薬密売組織などに立ち向かい、
自身の正義感と現実の狭間で、
苦悩しながらぶつかっていく。




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0