SSブログ

石橋貴明に再び脚光 テレビの企画がYouTubeから生まれる時代 [石橋貴明に再び脚光]

石橋貴明に再び脚光 
テレビの企画が
YouTubeから生まれる時代





石橋貴明に再び脚光.GIF
ついにYouTubeデビューした石橋(画像/YouTubeより)
(NEWSポストセブン)




とんねるずの石橋貴明が8月30日、
NHKの『サンデースポーツ2020』に
生出演した。

石橋がNHKに出演するのは、
2000年大晦日の『紅白歌合戦』以来、
実に20年ぶりとなる。


石橋は今年6月にYouTubeチャンネル
『貴ちゃんねるず』を開設すると、
2カ月あまりで120万人以上の
登録者を抱える人気ぶり。

同チャンネルでは、様々な企画動画の他、
1週間のプロ野球の試合をマニアックに
振り返る動画を毎週月曜日、
コンスタントにアップしている。

エンタメ業界に詳しい
フリーライターの
大塚ナギサ氏はこう話す。


「石橋さんは、芸能界屈指の
スポーツファンで、
『MLB主義』(TBS系)や
『夢対決!とんねるずの
スポーツ王は俺だ!!』
(テレビ朝日系)など、
多くのスポーツ番組も
担当してきました。

しかし、最近はスポーツに関する
奥深い見識を披露する場が激減。

そんななか、YouTubeに進出すると、
専門家も舌を巻くほどの
野球に対する知識を改めて発揮。

実際の映像がないにもかかわらず、
さすがの話術で、それまで
野球に興味がなかった
ファンも虜になるほどでした。


さらに、企画名として
『貴ちゃんスポーツ2020』などと
言っていたことも、
タイトルが似ている番組をもつ
NHKの目にとまり、出演に至った
という形でしょう」


有名人のYouTube進出が
激増している昨今。

YouTubeが“テレビ化”していると
言われると同時に、YouTubeに
アップされた動画をきっかけに、
そのタレントがテレビ番組に
出演するというケースも
少なくない。

「有名人のYouTubeチャンネルは、
テレビのスタッフを起用している
ケースも多く、演出面においては
“YouTube的”ではなく、
“バラエティー番組的”なことも多い。

『とんねるずのみなさんの
おかげでした』などを
手がけたマッコイ斉藤氏が
演出している
『貴ちゃんねるず』は
まさにその形です。

一方で、幅広い視聴者をもつ
YouTubeでは、テレビ番組では
なかなか成立しづらい企画も多く、
これまで見えにくかった
タレントの魅力を発見できる
可能性も高い。

そういう意味では、
芸能人のYouTubeは、
テレビの制作スタッフに
とって格好の“ネタ探しの場”に
なっているといえるでしょう」
(大塚氏・以下同)


EXILE NAOTOは、
今年6月に自身のYouTubeチャンネル
『EXILE NAOTO オネストTV』で、
瑛人『香水』に合わせて
オリジナルのダンスを披露する
動画を公開。

その後、8月26日放送の
『2020 FNS歌謡祭 夏』
(フジテレビ系)では、
瑛人とNAOTOのコラボレーションが
実現した。

NAOTOはYouTubeにて、
動画がきっかけで
出演が決まったことを
報告しており、
これも“YouTube発の
テレビ企画”といえる。


「たとえば、
最近『ヒルナンデス!』
(日本テレビ系)では、
エハラマサヒロさん家族に
よる料理企画や
キャンプ企画が
よく放送されていますが、

これなどはエハラさんが
家族でYouTubeチャンネルを
やっているからこその
“YouTube発のテレビ企画”です。

番組スタッフとしては、
エハラさんのチャンネル
視聴者にも番組を楽しんで
ほしいという思いもあるでしょう」


主な活動の場をテレビから
YouTubeに移した
オリエンタルラジオの中田敦彦は、
コンビの公式YouTubeチャンネルで、

かつてフジテレビ系で
放送されていた
『HEY! HEY! HEY!』の
ような音楽番組を
YouTubeでやりたいと
発言したところ、
その発言を知ったテレビ局の
スタッフから連絡がきたと、
同じくコンビの
公式チャンネルで明かしている。


「以前であれば、
番組収録の合間や収録後の
打ち上げなどで、スタッフと
タレントが交流し、
その中でいろいろな企画が
生み出されていました。

しかし、今はスタッフがタレントの
YouTubeをチェックし、
そこから新しい企画が
出てくるという形になってきた。

中田さんのアイデアも、
実際にテレビの企画になる
可能性だけでなく、
テレビとYouTubeが連動した
企画になる可能性もあると思います」

対立関係にあると認識されることも
多かった、テレビとYouTube。

2つの間で視聴者の奪い合いが
起きているとも言われていた。

しかし、多くの芸能人が
YouTubeに進出したことで、
両者を隔てていた
厚い壁が壊されようとしている。


10月からは、
人気YouTuber・水溜りボンドの
地上波冠番組
『水溜りボンドの〇〇行くってよ』
(テレビ神奈川制作)もスタートする。

「テレビとYouTubeとで
視聴者を奪い合うということではなく、
テレビとYouTubeが視聴者を
共有する時代になったということ。

今後は、タレントとY
ouTuberの垣根も
なくなっていくと思います」

テレビ的なコンテンツが
YouTubeに進出したことで、

YouTubeにおける表現の幅は広がった。

同時に、YouTubeのおかげで
これまで知られていなかった
タレントの魅力にスポットが
当たり、テレビの企画の幅も
広がっている。

テレビとYouTubeの共存関係が
確立しつつある。


石橋貴明に再び脚光-1.GIF
中田敦彦もYouTubeを主戦場にする



NEWS ポストセブン 8/31(月) 7:05配信

最終更新:8/31(月) 8:15




https://news.yahoo.co.jp/articles/b0fdaa4f351319b51a4a868165e452e16b08173f?page=1
https://news.yahoo.co.jp/articles/b0fdaa4f351319b51a4a868165e452e16b08173f?page=2












nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。