SSブログ

室井滋、ラブシーンを熱望「生涯ないまま旅立ってしまう危険性」映画『大コメ騒動』 [室井滋、ラブシーンを熱望]

室井滋、ラブシーンを熱望
「生涯ないまま
旅立ってしまう危険性」
映画『大コメ騒動』


室井滋、ラブシーンを熱望.GIF
ラブシーンを熱望した室井滋=映画『大コメ騒動』の
プレミア試写会 (C)ORICON NewS inc.



女優の井上真央、室井滋が15日、
都内で行われた映画『大コメ騒動』
(2021年1月8日公開)のプレミア
試写会に出席した。


本作は、約100年前に富山で起こった
「米騒動」の史実に基づき、
そこで活躍した女性たちに
スポットを当てる
痛快エンターテインメント作品。



農家から漁村に嫁いだ主人公
・松浦いとを演じた井上は
「最初は強烈なおかか(女房)たちに
馴染めず、大人しくしていた。

それは現代でも当てはまることだなと
思いました」と話し、役柄への印象を
問われると
「本当に働き者だなと。
家庭を守るだけでなく、
昼は米俵を担ぎ、
家に帰って赤ん坊をおぶる。

当時の方々の思いや、
当たり前のように
食べられているお米に、
そういう思いで
携わってる方がいるんだと、
身に染みて感じました」と
しみじみ語った。

また、キャッチコピーの

「我慢できん!」になぞらえて

「来年、やりたいこと」を
問われた井上は「一人旅」と回答。

「今のご時世だと難しいですが、
普段からインドアだったので、
ふらっと好きな町に行って、

ご当地のおいしいものを
食べたりしたい。

そう思っていた矢先のコロナだったので、
いつか出来たらいいなという願いも込めて」
と想像を膨らませた。

同様の質問に「ラブシーン」と
答えた室井は
「このままコロナが続くと、
生涯ないまま旅立ってしまう
危険性がある。

本木(克英)監督の作品だと
『ゲゲゲの鬼太郎』の
砂かけばばあ役で、
今作でもばばあ役。

監督は、私がちょっとだけ
若いということをお忘れじゃないかな? 

次回作はラブシーンでお願いします」
と笑いながら直談判。

一方で理想の共演相手については
「それは秘密です」と
照れくさそうに煙に巻いていた。

舞台あいさつにはそのほか、
夏木マリ、鈴木砂羽、左時枝、
柴田理恵、本木克英監督が出席した。

室井滋、ラブシーンを熱望-2.GIF
映画『大コメ騒動』のプレミア試写会に出席した
井上真央 (C)ORICON NewS inc.



室井滋、ラブシーンを熱望-1.GIF
映画『大コメ騒動』のプレミア試写会に出席した
(左から)柴田理恵、左時枝、室井滋、井上真央、
夏木マリ、鈴木砂羽、本木克英監督
(C)ORICON NewS inc.




オリコン 2020-12-15 19:26

https://www.oricon.co.jp/news/2179190/full/


井上真央、ひとり旅を我慢できない
「好きな街に行って…」 『大コメ騒動』プレミア試写会









井上真央「こんなに真っ黒になることない」 
映画完成への期待語る 
「大コメ騒動」特別映像が公開

















nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。