SSブログ

オリラジ、吉本興業退社の事情 契約内容で交渉 藤森は当初中田の退社知らず [オリラジ、吉本興業退社の事情]

オリラジ、吉本興業退社の事情 
契約内容で交渉 
藤森は当初中田の退社知らず



オリラジ、吉本興業退社の事情.GIF
「オリエンタルラジオ」の中田敦彦(左)と藤森慎吾
(スポーツニッポン新聞社)


お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」の
藤森慎吾(37)と中田敦彦(38)が
31日付でそれぞれ退社することが
所属の吉本興業から発表された。

関係者によると、ともにフリーになり、
今後もコンビとしてや、音楽ユニット
「RADIO FISH」の活動は続ける。


中田はテレビを離れ、
自らのチャンネル
「中田敦彦のYouTube大学」を
立ち上げて19年からYouTubeを
主戦場としてきた。

これまで吉本側とギャラの取り分など
契約内容について交渉を進めてきたが、
まとまらず今月に入って退社を
決意したという。

驚いたのは藤森だ。

周囲によると、コンビ間で連絡を
取り合っておらず、退社を決めた
時点で中田から藤森に相談は
なかったという。

相方の離脱を知って困惑したものの、
藤森も決意。

吉本側の強い引き留めもあったが、
フリーになることを選択した。

芸人仲間によると、
「コンビとしての世間への
見え方を考えた結果、
独立することを決めたようだ。

自分だけ吉本に残って、
中田に迷惑をかけるのは
避けたいと話していた」
という。

藤森は近年、バラエティーだけでなく、
ドラマ「ネット興亡記」や
映画「七つの会議」で好演し、
役者としての評価も
上がっていたところだった。

独立には、長年レギュラーを
務めていた日本テレビの
バラエティー番組
「火曜サプライズ」が
来年3月に終了することもあり、
「新しく自分の力を試したい」
(友人)との思いもあったようだ。

オリラジは2004年4月にコンビ結成して、
リズムネタ「武勇伝」でいきなり
ブレーク。

デビューして、たった3年で
レギュラー番組が10本まで
増えたが、人気が急落。

その後、中田がインテリキャラで
売り出し、藤森もチャラ男として
2度目のブレークを果たした。

16年には「RADIO…」の
「PERFECT HUMAN」で
NHK紅白歌合戦にも出場している。

「逆境には強いコンビなので、
独立しても何とかやっていける
と思います。
戦略を練っているのでは」
(関係者)。

新たな「武勇伝」を綴るための
再出発。

YouTubeも視野に入れつつ、
“新生オリエンタルラジオ”を
立ち上げる。


スポニチアネックス 12/28(月) 16:50配信

最終更新:12/28(月) 22:37


https://news.yahoo.co.jp/articles/e92c90e32428eda1e082307d9b4c6597a167a42b











nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。