SSブログ

真風涼帆 退団する大先輩・轟悠にみた“男役の美学” 原点を胸にまた1歩 [真風涼帆 退団する轟悠にみた“男役の美学”]

真風涼帆 退団する大先輩
・轟悠にみた“男役の美学” 
原点を胸にまた1歩


真風涼帆 退団する大先輩・轟悠.GIF
次作本拠地作への思いを語った
宙組トップ真風涼帆
(Nikkan Sports News.)


宙組トップ真風涼帆は、
退団を発表した故郷・熊本の
大先輩、元雪組トップで
専科スター轟悠の“教え”を
胸に前進を続ける。

「シャーロック・ホームズ-
The Game Is Afoot!-」

「デリシュー!-甘美なる巴里-」では、
相手娘役に2人目の潤花を迎え、
新トップコンビの本拠地お披露目。

原点回帰の思いも秘め臨む。

兵庫・宝塚大劇場は26日~8月2日、
東京宝塚劇場は8月21日~9月26日。


 ◇  ◇  ◇


相手娘役に2人目の潤花を迎え、
新コンビでの本拠地お披露目。

トップ就任3年半が過ぎ6作目の
本拠地作で、真風は、
シャーロック・ホームズにふんする。

「言わずと名の知れた不朽の名作で、
世界中の方たちから愛されている作品、
キャラクター。

鋭い洞察力、観察力、推理力は
並外れた力があり、愛すべき
性格を持っているのかな」

脚本の生田大和氏と相談し、
役柄を練り上げる。

公演ポスターで持つパイプにも
こだわりがあった。

「生田先生が取り寄せて
くださった貴重なパイプ。

『世界に1個しかない』とも…。

パイプの吸い方などを動画で見て、
調べ、先生にうかがいました」

潤花からは
「明るく前向きに、
役に向かって頑張っている姿を見て、
私自身も勉強させてもらっています」
と刺激も受ける。

ショーは
「スイーツ」がテーマ。

「スイーツも人を幸せにする。
宝塚とありそうでなかった
コラボレーション」。

組子がスイーツの精に
ふんする場面もある。

「プロローグからとっても豪華で、
すごく楽しみ。

みんなが大階段に並んでいて。

その後に107人のカンカンがある。

最初から飛ばしてって感じ(笑い)」

サヨナラ公演中の月組トップ
珠城りょうは8月に退団予定。

以後は、5組トップで
最長キャリアになる。

故郷の大先輩で、
専科スター轟悠も退団を
発表した。

「(轟の退団は)信じられない。
とても寂しい。轟さんが
いらっしゃらない宝塚を
私は知らないので、
実感がわかない。

『サプライズでした~』って
なるんじゃないか? と
思うぐらい。

宝塚にいらっしゃらなくなる
ということが、あまりにも
想像できなくて」

雪組トップを退いた後も、
劇団から
「春日野八千代さんの後継に」
と請われ、専科へ移った轟は、
男役の生きた教科書として、
誰もが背を追う存在だった。

真風にとっても、
自分を導いてくれた1人でもある。

「信じられるようで、
信じられない…。
でも、実際これが本当だったら…」

いまだ半信半疑。

ただ、同時に決意も口にした。

「残った自分たちが、
しっかりと、宝塚という看板を
背負って、責任をもって
歩んでいかなきゃいけない。

ですが…やっぱり信じられない。

今は(思いが)グルグルして
おりますね」

175センチ長身。

ノーブルな立ち姿で、
下級生時代から注目された真風は、
轟との共演で、男役の原点を
見つめ直した時期があった。

「(舞台で)ご一緒すると、
ご自身の積み重ねてきたもの、
宝塚への思い、男役、娘役に
対してのすべてを教えていただいた。

何かひとつとはあげられない」

取材の数日前にも、
劇団で会い、話したという。

「『男役も、娘役も、品格を
忘れないでいてほしい』と
おっしゃっていた。

ご自身が体現してくださっている
じゃないですか。清く正しく美しく、
男役の美学を。

でも、あまり考えないように。

いや、実感がわいていないので…」

コロナ禍で稽古の進め方、
ファンとの交流、
宝塚歌劇にも新たな
生活様式が浸透する。

その中で、あらためて
思うのが「感謝」だ。

「当たり前が当たり前じゃなくなって、
お仕事も公演も、お稽古も、
たくさんの方の協力がないと
成立しない。

それでも公演させていただけるのは、
感謝しかない。

そこをしっかりと受け止めていきたい」

先の読めない時代に、
思いを強めることがある。

「明日の自分に恥じない。
今を生きる」

これが真風のテーマだった。

「そこに『毎日を楽しむ』と
いうのも大事だな」と
感じるようになった。

原点を胸に、進化し、明日へと
また1歩を踏み出していく。

【村上久美子】

<初舞台生、楽しみ>

宝塚大劇場公演で今春入団の
107期生が初舞台を踏む。

恒例のラインダンスもあり、
真風は「すごく豪華な初舞台
ロケットになるとお聞きしているので、
今から自分も楽しみです。

やっぱり、春になると、
感じることは多い。

みんなの頑張る姿を見たら、
きっとまた胸が熱くなるのかなと
思います」。

入団時を思い返し、
初舞台生を見守る。

☆真風涼帆(まかぜ・すずほ)

7月18日、熊本県生まれ。

06年入団。星組配属。

新人公演主演5回。

15年5月に宙組、

17年11月に相手娘役に
星風まどかを迎え同組トップ。

19年「オーシャンズ11」では、
11年新人公演でも主演した
ダニーを好演。

星風に代わり、
潤花を2人目相手娘役に迎え、
新コンビで本拠地初作品になる。

身長175センチ。

愛称「ゆりか」「すずほ」。

◆ミュージカル
「シャーロック・ホームズ-
The Game Is Afoot!-」~
サー・アーサー・コナン・ドイルの
著したキャラクターに拠る~
(作・演出=生田大和) 

英小説家コナン・ドイルが生み出した
名探偵シャーロック・ホームズが主人公。

宿敵となるジェームズ・モリアーティ
教授は芹香斗亜、潤花は主人公の
心を動かすアイリーン・アドラー役。

◆タカラヅカ・スペクタキュラー
「デリシュー!-甘美なる巴里-」
(作・演出=野口幸作) 

フランス語「デリシュー」は
「とてもおいしい」を表す。

スイーツをテーマにした
豪華なパリ・レビュー。

宝塚大劇場公演では、
107期生が初舞台を踏む。



真風涼帆 退団する大先輩・轟悠-1.GIF
退団会見を行い写真撮影に応じる
宝塚専科スターの轟悠



日刊スポーツ 7/1(木) 11:00配信

最終更新:7/1(木) 11:22

https://news.yahoo.co.jp/articles/199b9ee2409a4d94c5af229171c9b98ffded349d












nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。