SSブログ

サイゼリヤ“超難関”間違い探し イラストレーターが語る「売れる絵」の描き方 [サイゼリヤ“超難関”間違い探し]

サイゼリヤ“超難関”間違い探し 
イラストレーターが語る
「売れる絵」の描き方



サイゼリヤ“超難関”間違い探し.GIF
「ザ・ロケット・ゴールデンスター」
山崎秀昭さんが手掛けるイラスト
【提供画像】(【提供画像】)


芸大卒業後は出版社にアポなしで
イラストを売り込み


かわいらしくポップな絵柄からは、
想像もつかないほど難易度の高い
サイゼリヤの間違い探し。

手掛けるのは
「ザ・ロケット・ゴールドスター」の
ペンネームで活動する
イラストレーターの山崎秀昭さんだ。

ありそうでない唯一無二の
画風はどのようにして
確立されたのか。
(取材・文=佐藤佑輔)


子どもの頃から絵を描くことは好きで、
将来は画家になりたいと思っていました。

僕が大学に入ったころは今みたいに
コースが細分化していなくて、
教授の評価が高いからという
理由で現代アートのような
訳の分からない絵ばかり
描いてましたね。

会社員になるのが嫌で、
卒業後は居酒屋のバイトを
しながら出版社に絵を応募したり、
ポスカードを作ったりして
生活していました。

東京にも何度も持ち込みに
行きましたよ。

今みたいにスマホの地図も
ない時代。

事前に電話する断られちゃうから、
本屋で住所を調べて、
クロネコヤマトとか佐川急便の
台車を引いてる配達員に聞くんです。

彼らはどのビルの何階に
どこの編集部があるとか、
全部知ってるんですよ。

今ほどセキュリティーも
厳しくなくて、
守衛さんに絵を見せたら
編集長を呼んできて
くれたこともありました。

ろくに出版物を調べもせず、
とにかく片っ端からアポなしで
突撃してたので、何も知らずに
女性誌の「CanCam」編集部に
持ち込んじゃったこともありました。

髪を巻いたお姉さんばかりの
職場の中、たまたま
編集長だけ男性で、

「君、面白いから描いてみる?」
とモデルさんのエッセイに
載せる題字と挿絵を
描かせていただいたのが
最初の仕事。

10年後くらいにあいさつに
行ったときには、
「あのとき山崎くんに
優しくしといてよかったよ」
と言ってもらえました。

画風はそのころからもう
今の形に固まっていました。

趣味ではなく絵を仕事にする以上、
まずは稼げなくちゃいけない。

自分は写実的な絵は得意じゃなくて、
単純な線でできた説明しすぎない
絵の方が好きだったのと、
当時はポストカードを
売り歩いてて、何百種類という
カードの中から手に取って
もらわないといけなかったので、

自分の好きなものと、売れるもの、
需要のあるものの中間点を
探っていってたどり着いた
感じですね。

自分の絵では楽しい気持ちに
なってほしいので、
見る人が不快にならないように、
悲しかったりグロテスクなものは
描かないようにしています。


20個ほどの間違いから
簡単すぎるものを省いて10か所に厳選

サイゼリヤから間違い探しの
お仕事をいただいたのは2017年から。

僕自身、それまでは間違い探しを
描いたことはありませんでした。

間違いの箇所は指定されて
くるので僕が決めているわけ
ではありませんが、
長いことやってると
ここだろうなというのがある
程度予測できてきますね。

間違いは10か所ですが、
いつも20個近く入れて
簡単すぎるところは
省いて作ってます。

間違い探しなので、
細かく描きつつ
描き込みすぎないように、
似たようなワンパターンな
間違い方はなるべく
増やさないように
気をつけてます。

やっぱり難しいですよね(笑)。

「料理が届くまでの時間も
楽しんでもらう」
というのがコンセプトですが、
人によっては熱中しすぎて
料理が冷めてしまうことも
あるかもしれません。

ただ、イラストを描いているだけで
僕が考えているわけではないので、

「ザ・ロケット・ゴールドスター」
の問い合わせフォームに
「難しすぎます!」と
意見をいただいても
困ってしまいます(笑)。

最近は小学校の図工や
総合の時間に講義をしに
行ったりもしています。

発想力を鍛える授業で、
〇と□と△に線を
足して何に見えたかを
考えさせたり、
せりふのない2コマ漫画を
描かせて、誰が一番
面白かったかを競わせたりする。

もう何百人と見てきていますが、
子どもたちからはいまだに
自分が考えもつかないような
ユニークな答えが出てきますね。

これから絵描きや
イラストレーターを目指す人に
伝えたいのは、自由に好きなだけ、
たくさん描いた方がいいということ。

絵でも音楽でも何でもそうだと
思うんですけど、自分より
うまい人ってたくさんいるんですよ。

上手に描くよりも、
「自分の画風はこれだ!」
というものを確立した方が
武器になる。

間口は狭くても、依頼する側が
完成図をイメージしやすいので、
仕事にもつながりやすくなります。

絵具、クレヨン、墨でも
何でも描けるようになる必要はないし、
たとえ描けるようになっても
それは代わりがいくらでも
いるってことなんです。

通知表でオール3を取るくらいなら、
1があったほうが個性だと思います。

大学で就活を辞めた頃、
「金をもらって描くのは
純粋な芸術じゃない」
みたいな考え方があって、

周りの友達はみんな
一般企業に就職した。

「好きなことやっても食べれない」
とか

「趣味を仕事にしたら嫌いになる」
とかいうけれど、好きなことやって
食べていくのが一番かっこいいに
決まってます。

逆に言えば、どんなにうまくても
稼げなければ趣味でしかない。

自分の武器になるものを
磨いて、頑張ってください。

□山崎秀昭(やまざき・ひであき) 
1969年4月2日、富山県富山市出身。
大阪芸術大学美術学科卒業後、
フリーランスでイラストレーターの
活動を始める。

2001年、有限会社
「ザ・ロケット・ゴールドスター」
を設立。

2008年より、小学校への
出張授業を行う。




サイゼリヤ“超難関”間違い探し-1.GIF
サイゼリヤ並み? 愛らしいキャラクターが
びっしり描き込まれた須磨海浜水族館のイラスト



佐藤佑輔


ENCOUNT 5/10(火) 18:40配信

最終更新:5/10(火) 20:51



https://news.yahoo.co.jp/articles/2c6ddfcfc727ae24d63a7656de80fbdf16666d54?page=1
https://news.yahoo.co.jp/articles/2c6ddfcfc727ae24d63a7656de80fbdf16666d54?page=2

























nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。