SSブログ
錦織圭 ジョコビッチに17連敗 ブログトップ

錦織圭 ジョコビッチに17連敗も3年ぶりセット奪取に手応え「次やる時は怖さ減るかな」 [錦織圭 ジョコビッチに17連敗]

錦織圭 ジョコビッチに17連敗も
3年ぶりセット奪取に手応え
「次やる時は怖さ減るかな」


錦織圭 ジョコビッチに17連敗.GIF
ジョコビッチ(右)に敗れた錦織だが
光は見えた(ロイター)(東京スポーツ)



テニスの4大大会「全米オープン」の
男子シングルス3回戦が4日
(日本時間5日)に行われ、
世界ランキング56位の
日本のエース錦織圭(日清食品)が
同1位で第1シードの
王者ノバク・ジョコビッチ
(セルビア)に

7―6(7―4)、

3―6、

3―6、

2―6

で敗れ、ベスト16を逃した。


第1セットはタイブレークの
末に奪取。


ジョコビッチからセットを
奪うのは18年ウィンブルドン以来、
実に3年ぶりのことだった。

この日はテンポの早い本来の
スタイルを変更。

その戦術が奏功して好スタートを
切ったが、長くは通用しなかった。

第2セットから王者の怒涛の
反撃に遭い、立て続けに
3セットを奪われて敗れ去った。

またも〝ジョコの壁〟を超えられず、
東京五輪準々決勝の黒星に続く
17連敗。

だが、試合後の王者から
出た言葉は
「ケイのレベルに驚いた」。

これまでの敗戦とは明らかに違い、
スコアには見えない進化があった。

錦織自身も充実ぶりを感じており、
記者会見では
「彼との最近の試合の中で
一番良かった」と話した。

特に手応えを感じたのは
第1セットだ。

「かなりプレーの内容を
変えていこうと思ってやりました。

それが良かったのか、
1セット目を取れた」と
振り返り、具体的な戦術を
こう説明した。

「じっくりラリー戦を
したところが今日は良かったのかな。

ミスも誘えましたし、
いつものように先にブレークされ、
余裕を持たれて思いっきり
プレーされる展開ではなかったので。

やっとプレッシャーをかけられる
試合になった。

そこが唯一、ポジティブな
ところですかね」

最終的には
「それを続けられなかった」

「レベルを上げてくる
彼についていけなかった」

「サーブの差がかなり出た」
と3つの敗因を挙げたが、
今後については
「こういう感じの試合展開も
できるんだな」と
前向きに語った。

ここ数年はヒジや肩の故障に
泣かされ、トップ10だった
一時の勢いは影を潜めているが

「確実に良くはなってきていますね。
2回戦でああいう苦しい試合を
勝てたのも大きかった」と
浮上の感触をつかんでいる。

何より〝鬼門〟の
「対ジョコビッチ」に
希望が見えたようだ。

「早い展開でドンドン
打っていくのが自分のテニス。

そこを変えるのは我慢が必要。

メンタル的なところでモヤモヤし、
やりづらさがありましたが、
同時にいい感触もつかめた。

ちょっと次やるときは
怖さが減るかな、と。

最近の戦いでは何もできず
簡単に負けてしまうことが
続いていたので、
それは克服できたのかなと
思います」

常に進化を続ける31歳。

敗戦の中にひと筋の光が
見えたのは間違いない。

東京スポーツ



東スポWeb 9/5(日) 9:50配信

最終更新:9/5(日) 12:01

https://news.yahoo.co.jp/articles/c8de3f5096f4ac116d344c0d61aa02a04199c103














nice!(0)  コメント(0) 
錦織圭 ジョコビッチに17連敗 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。