So-net無料ブログ作成
マットレス ブログトップ

 腰痛予防 マットレス マニフレックス [マットレス]

マニフレックス 腰痛 マットレス

腰痛予防のマットレス選び

腰、お尻の沈み込みに注意!

マットレスの硬さや素材をチェックしましょう。
布団に横になる際、体の向きはどのようにしますか?
多くの人は、仰向けか横向きのようです。
体の向きが変わっても、背中や腰、お尻などが、
大きく沈み込まず、マットレスによってしっかり
サポートされることが望ましいです。

また、睡眠中は、何回も寝返りを打ちますので、
その寝返りの打ちやすさもマットレス選びのポイントになります。
仰向けで寝る際は、背中や腰部~お尻、横向きでは、
肩、腰部~お尻の辺りが、どの程度マットレスに沈み込むかで、
寝心地や安眠に影響が出るようです。

マットレスは、柔らかすぎても硬すぎてもいけません。
腰が痛くなってしまう可能性があります。一見、
ふかふかの柔らかい布団が、気持ちよさそうですが、
リラックスさせるためには、肩やお尻などの沈みや込みやすい部位が、
マットレスから適度にサポート(支えられる)されつつ、
自然な背骨のカーブが保持できるようなものが良いと思います。


背骨のカーブを自然に保つマットレスとは?

マニフレックス/メッシュウィング シングル ミッドグレー
背骨には、体への負担を抑えるための機能的なカーブがありますが、
その自然なカーブを、寝ている状態でも保持できる、
といったタイプのマットが販売されています。

特徴は、世界特許を取得した高密度弾性素材を使用しており、
温度変化で素材の硬さが変化してしまうことがありません。
横になった時に沈み込みやすい部位も、
体圧を分散させることでカバーすることができます。

マットレスは三つ折の状態で、
持ち運びしやすいように持ち手が付いています。
感触は「高反発だから硬い?」と思ったのですが、
実際に寝てみると、適度なフィット感がありました。

沈み込まないので、寝返りも打ちやすいと思います。





昔腰痛で悩んでいた時にマニフレックスに出会って、
使い心地に満足しながら、気が付けば10年たってました。
前回の物が多少ヘタってきた事と、サイズがセミシングルで窮屈感が出てきた事もあり、
今回も迷う事無くマニフレックスのシングルサイズを購入。
寝心地は申し分なく最高です。
価格が高いと思うかもしれませんが、この使用感が
10年継続されると考えれば安い買い物だと思います。

私が246を4年ほど前から使っていて酷い腰痛が緩和されたので、
今回同じく腰痛持ちの父にプレゼントしました。
いろいろ買ってあげても文句を言われることが多いので、
気に入らなければ私が実家に帰ったときに使おうと246では無く3つ折りを選びました。
が、身体が沈まず腰もラクで良い、ととても気に入ったようです。
時々前後を逆にする時も3つ折りだからやりやすいと言ってました。
悩まずもっと早く買ってあげたら良かったです。


妊娠中の自分用に
今まで使っていた低反発のマットだと翌朝腰や背中が痛くて
つらかったので高反発がいいと聞き購入。
最初の何日かは枕とマットが合わず逆に肩が凝ってつらかったのですが
その後マニフレックスの枕も合わせて購入したところ
肩凝りや腰痛もなくぐっすり眠れています!



マットレス ブログトップ