So-net無料ブログ作成
アップルが発表する「iPhone 11」 ブログトップ

直前予測:アップルが発表する「iPhone 11」、進化が期待できる5つのポイント [アップルが発表する「iPhone 11」]

直前予測:アップルが発表する
「iPhone 11」
進化が期待できる5つのポイント


アップルが発表する「iPhone 11」.GIF
JUSTIN SULLIVAN/GETTY IMAGES

アップルが毎年9月に開催している
新型「iPhone」の発表イヴェントが、
今年は9月10日(米国時間)に
開催される。


すでに新型iPhoneに関する噂や
“リーク情報”も続々と流れている。

真偽は当日のお楽しみとなるが、
ここで改めて現時点での情報を
整理しておこう。


1. 発表されるのは3モデル

これまでにリークされた情報が
正しければ、低価格モデル
「iPhone XR」の後継となる
「iPhone 11」と、

上位モデル「iPhone XS」の
後継となる「iPhone 11 Pro」、

そして大画面モデルの
「iPhone 11 Pro Max」の
3つが発表される。

これまでのようにチップも進化し、
「A13」が搭載される見通しだ。


すでに外観の画像も出回っているが、
その姿は現行のiPhoneに近い。

ただし、ファーウェイの
スマートフォン「Mate 20 Pro」の
ような背面の四角い枠が目を引く。

この枠の内側にはカメラが
配置されている。

背面の少なくとも一部は
つや消し仕上げになっており、
キズ、割れに対する強度も
強くなるかもしれない。

防水機能も向上すると
いうことだ。

現行のiPhone XRは
カラフルな本体色が特徴と
なっているだけに、

後継のiPhone 11では
新色も期待できる。

ブルームバーグの
アップル製品担当記者の
マーク・ガーマンは、
次期iPhoneの新色予想として
グリーンとパープルの
ガラスの写真をツイートしていた。

今回の発表会の公式画像にも、
この2色は含まれている。


2. 上位モデルのカメラは3眼仕様

上位モデルとなるiPhone 11 Proと
Pro Maxのカメラは、超広角レンズを
含む3眼仕様になるらしい。

これによって、アクションカメラの
「GoPro」に引けをとらない
迫力のある動画も撮れるように
なるかもしれない。

また3つのカメラで同時に写真を撮り、

人工知能(AI)が自動で編集して
くれる機能もあると噂されている。

集合写真で誰かがちょっと
枠外にはみ出してしまった場合も、
AIが広角レンズの画像を使って
修正してくれるかもしれない。

また、トリプルカメラの
おかげで、暗所での撮影性能も
向上するだろう。

一方、低価格モデルとなる
iPhone 11は、現行のiPhone XSの
ようにデュアルカメラになる
可能性が高い。

2つ目のカメラは光学ズーム用になり、
ポートレイトモードも強化されるだろう。

また、フロントカメラで120fpsの
スローモーション動画が
撮影できるようになると
いう情報もある。


3. Face IDが使いやすくなる

ブルームバーグの報道によると、
新型iPhoneには
「マルチアングルFace IDセンサー」
が搭載され、真正面以外からでも
顔認証できるようになるという。

これでロック解除のために
iPhoneの角度をあれこれ
調整しなくてよくなる
かもしれない。

ちなみに近いうちに
指紋認証センサー「Touch ID」が
帰ってくるという情報もあるが、

こちらは低価格モデルのみが
対象になるだろうと予想されている。


4. iPhoneで「AirPods」を充電可能に

新型iPhoneには、双方向
ワイヤレス充電機能が追加される
という話が浮上している。

これはiPhoneをワイヤレス充電
できるだけでなく、外部の
デヴァイスに対して給電も
できる機能だ。

例えば、ワイヤレス充電対応ケースに
入れた「AirPods」を、
iPhoneの背面に置くだけで
充電できるようになるという。


5. さらば「3D Touch」

画面を押し込んで使う
「3D Touch」機能は廃止される
見込みだ。

iPhone XRで採用された
長押し機能「Haptic Touch」に
統一されるだろう。


6. 廉価版iPhoneが2020年に発売予定?

『日本経済新聞』によると、
アップルは2020年に画面の
小さい廉価版iPhoneを
発売予定だという。

報道によると、画面は
「iPhone 8」とほぼ同じ
4.7インチ前後で、
液晶ディスプレイを
採用することで価格を
安く抑えるという。

これが本当なら、
小型サイズで根強い人気の
「iPhone SE」の実質的な
後継モデルになるだろう。

おまけ:次期「Apple Watch」は
睡眠トラッキング機能を搭載?

次期「Apple Watch」には
睡眠トラッキング機能が
搭載される見通しだと、
「9to5Mac」が伝えている。

アップルはApple Watchの
ヘルストラッキング機能に
非常に力を入れている。

昨年発表した
「Apple Watch Series 4」でも、
アップルは健康と運動の管理が
最も重要な機能だと強調していた。


また「WWDC 2019」で発表された
「watchOS 6」は、日々の活動量の
トラッキング機能や月経周期の
記録機能も追加されている。

ここに睡眠トラッキング機能が
加われば、
「真の健康管理デヴァイス」
としての地位に一歩近づくことに
なるだろう。

WIRED STAFF


WIRED.jp 9/8(日) 12:11配信

最終更新:9/8(日) 12:11



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00010000-wired-sci&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00010000-wired-sci&p=2











nice!(1)  コメント(0) 
アップルが発表する「iPhone 11」 ブログトップ