So-net無料ブログ作成

日本レコード大賞 AKB48が涙のV2!女性グループ史上初 [AKB48]

日本レコード大賞 AKB48が涙のV2!女性グループ史上初-
スポニチアネックス(2012年12月30日21時50分)

年末恒例の「第54回輝く!日本レコード大賞」(主催日本作曲家協会)の
授賞式が30日夜、東京・初台の新国立劇場で開かれ、優秀作品賞10作品の
中からAKB48の「真夏のSounds good!」が大賞に輝いた。

昨年に続くV2。2年以上の連続受賞は細川たかし(82、83年)
中森明菜(85、86年)安室奈美恵(96、97年)浜崎あゆみ(01~03年)
EXILE(08~10年)以来。

女性グループとしては史上初の快挙となった。

今年5月に発売した同曲がシングル売り上げ枚数(182万枚)、
金額ランキング(24億円)の両部門で首位。
「歌手別トータルセールス部門」など“オリコン5冠”を達成した。

同曲のほか「GIVE ME FIVE!」(143万枚)
「ギンガムチェック」(130万枚)「UZA」(121万枚)
「永遠プレッシャー」(107万枚)と
今年発売したシングル5作はすべてミリオンセラー。

年間シングルランキング1~5位を2年連続で独占した。

グループ総監督の高橋みなみ(21)は
「すごいうれしいです。今年はAKB第2章として(大賞を)
獲らなきゃといけないと思って、この場に臨んできました。
素晴らしいアーティストの皆さんがいる中で、誇りに思います」と涙を流した。

渡辺麻友(18)は「前田(敦子)さんが卒業されて、残された私たちでAKBを…」と
言ったところで感極まり、言葉にならず号泣。

「これを誇りに頑張っていこうと思います」と涙声で語った。

また、プロデューサーの秋元康氏(54)が作詩賞を意外にも初受賞し
「本当にうれしいです」と感激の表情。

AKBの楽曲は300以上を手掛け
「AKBの場合は彼女たちの観察日記なんです」と
作詞の手のうちを明かした。

今年は女優の新垣結衣(24)が初司会。
過去16年間進行役を務めた堺正章(66)からバトンを
引き継いだ安住紳一郎アナウンサー(39)がパートナーを務めた。
http://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20121230_0113





“AKB48合コン” 俳優 謝罪 「事実ではないこともあります」。 [AKB48]

“AKB48と合コン”の俳優が謝罪「事実ではないこともあります」。

現在発売中の「週刊文春」に、アイドルグループ・AKB48の
佐藤亜美菜(21歳)&近野莉菜(19歳)と共に“深夜合コン”を
していたと報じられた“テニミュ俳優”の廣瀬大介(21歳)が、
公式ブログで謝罪のコメントを発表した。

また、併せて所属事務所も謝罪している。

廣瀬は9月27日付けのエントリー「皆様へ」で、まず、
「多くの方々に多大なるご迷惑と不快な思いを感じさせてしまい
本当に本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。

記事に書いてあったことについては「事実ではないこともあります。

否定したい部分も沢山」あるため悩んだそうだが、
自分を応援してくれたファンに不快な思いや悲しい思いを
させたとの判断から、今回の謝罪に至ったという。

今後については「何がどうなるのか自分でもわかりません」としているが、
「もし仮に自分がこの先のお仕事を続けさせていただけることになったら
皆様が本番を見に来ていただけた時に このわだかまりが気にならないくらいの
パフォーマンスを出来るように今まで以上に全力で一心不乱に稽古、
自主稽古に励みたいと思います」「許されることだと思っていません。
これからも変わらずに応援してもらえるとも思っていません。
0からのスタートだと思って 今まで以上に自分に
強く厳しく生きて行きたいと思います」と決意をつづっている。

一方、所属事務所もエントリー「報道に関するお詫び」を更新。
「この度は週刊誌の報道により、応援して頂いておりますファンの
皆様および関係者の皆様には、ご心配・ご迷惑をお掛け致しました事、
心よりお詫び申し上げます。

本人の社会人としての自覚不足および弊社の指導・教育不足により、
今回の騒動を起こしてしまいました事、またミュージカル公演期間中の
出来事でファンの皆様の期待を裏切ってしまいました事、
深く反省しております」と謝罪した。

「週刊文春」は、「またもAKBスクープ撮!深夜の“イケメン俳優合コン”誰だ?」と
題した記事で、9月20日午後11時頃から21日午前6時頃にかけて、
東京・歌舞伎町のカラオケボックスで行われたという男女4人による合コンをレポート。

AKB48の佐藤と近野、そして今回謝罪した廣瀬に加え、もう一人、
俳優の志尊淳(17歳)が同席していたという。

ただ、AKB48サイドは合コンではなく、
不健全な男女交際もないと報道を否定している。
http://news.livedoor.com/article/detail/6994139/





AKB48サイード横田絵玲奈が突然の“研究生辞退”宣言、学業専念へ [AKB48]

AKB48サイード横田絵玲奈が突然の“研究生辞退”宣言、学業専念へ
RBB TODAY 9月24日(月)15時57分配信


AKB48の12期研究生、サイード横田絵玲奈が研究生を
辞退することが明らかになった。

AKB48公式ブログで本人からのメッセージが掲載されている。

AKB48公式ブログに掲載されたメッセージ

AKB48公式ブログでは、「サイード横田絵玲奈からファンの皆様へ」と
題するメッセージを公開。

そこで、「12期研究生のサイード横田絵玲奈です。
この度私は研究生を辞退させていただきます」と
研究生を辞退することが明かされている。

気になる辞退の理由だが、
「学業との両立をしようとしてきましたが、
なかなか上手く出来ず悩んだ結果このようになりました。
今年私は受験生で学業に専念したいと思います」と綴っており、
学業に専念したいということを理由として挙げている。

研究生時代のことは、
「AKB48に入ってから約1年半。
たくさんのことを経験させていただきました。
普通では経験させていただけないような貴重な体験も
たくさんさせていただきました」と綴り、
「楽しかった事や悔しかった事、悲しかった事たくさんありました」と
しながらも、
「AKB48の研究生になりに過ごした日は本当に幸せでした」と
している。

サイード横田絵玲奈は、姉のサイード横田仁奈選手が
ロンドンオリンピックに出場したことでも話題となったほか、
先日行われたじゃんけん大会にも予備選を突破して参加した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120924-00000020-rbb-ent




「えこひいきだ!」マエアツ泥酔騒動が大島優子バッシングに発展!! [AKB48]

「えこひいきだ!」マエアツ泥酔騒動が大島優子バッシングに発展!!-
メンズサイゾー(2012年9月14日18時00分)
 AKB48を卒業した前田敦子(21)が俳優の佐藤健(23)らとパーティに参加し、泥酔した挙げ句にお尻丸出し状態で佐藤に抱えられた写真を週刊誌に撮られた騒動。数日が経過してもなお冷めやらない衝撃的事件の熱気が、前田以外のAKBメンバーにも飛び火している。

このパーティは、簡易ベッドやシャワーまで付いた通称「ホテル」と呼ばれる高級カラオケ店で行われた。男女3対3の組み合わせで行われており、普通に考えれば明らかに合コンであるが、これにAKBの現メンバーである大島優子(23)や仲川遥香(20)も参加していた。AKBには“恋愛禁止”という鉄の掟があり、すでにAKBを卒業している前田は合コンしようが誰と付き合おうが問題はないが、大島や仲川はルール違反を犯したことになる。ところが、今のところ二人はおとがめなしであるため、ファンから「えこひいきだ」「大島と仲川を処分しろ」といった声が上がっているのだ。

これに関して運営側は「事前に許可をとった卒業祝いのカラオケパーティなので問題はない」との見解を示した。だが、多くのファンは納得しておらず、AKB48劇場支配人である戸賀崎智信氏の『Google+』には「ちゃんと記事の説明をしてください」「本人にコメントくらいさせたらどうですか」「このままスルーですか?」といった批判が殺到している。

批判が噴出するには理由がある。過去に“恋愛禁止”の掟を破ったために多くのメンバーが解雇されているが、総選挙上位の人気メンバーは軽い処分や全くおとがめなしとなっており、扱いに明らかな格差が生まれているためだ。解雇されたメンバーは合コン写真やツーショットプリクラの流出など「証拠」が漏れたことが原因だが、たとえば秋元才加(24)や指原莉乃(19)のように決定的証拠を報じられても軽い処分で済まされたメンバーもいるわけである。

8月の東京ドーム公演での再編成までチームKのキャプテンを務めていた秋元才加は、出演舞台の脚本を担当した広井王子(58)を自宅に宿泊させたと一昨年の10月に報じられ、キャプテンを辞任。しかし、翌年2月に東京マラソンを完走したことで「みそぎが済んだ」として、プロデューサーの秋元康氏からキャプテン復帰が言い渡された。

えこひいきが更に如実に現われたのが“さしこ”こと指原莉乃のケース。デビュー後にファンと交際していたというAKB史上最大のスキャンダルで解雇もやむなしだったが、HKT48に移籍という形で落ち着いた。おまけに選抜メンバーとしてAKBやソロの活動は継続しており、「ほとんど処分になっていない」という声が多数を占めている。

「恋愛禁止という建前上の掟はありますが、人気メンバーはよほど素行が悪くない限りは“大人の事情”で解雇できません。決定的な写真などがあれば対応しなければなりませんが、単なる熱愛報道などはスルーすればいいという風潮になっています。人気メンバーの動向には所属事務所や広告代理店、スポンサーも絡んできますから、ルール違反をしたからといって運営側が処遇を決められるわけではない」(芸能プロ関係者)

唯一、人気メンバーでありながら素行不良で解雇されたといわれるのが、前田や大島と同じ太田プロに所属していた小野恵令奈(18)だ。彼女は「クラブで飲酒して男の家に泊まり、翌日同じ服と同じ髪型で収録現場に現れた。ジャニーズやヴィジュアル系バンドのボーカルとの交際も発覚した」(週刊誌記者)などといった情報があり、当時はAKBの人気が発展途上だったこともあって解雇されたといわれている。

このように、メンバーによってスキャンダル発覚後の処遇に違いがあれば、ファンが納得できないのも仕方ない部分がある。大島はチームKの新キャプテンに就任が決定し、仲川はJKT48への移籍が決まった大事な時期であるだけに、このままスルーすれば禍根を残すことになりかねないだろう。

「大島に関しては、スルーするべきか何かしらの対応をするべきか、運営や代理店が今後を検討中です。処分が下るとしても、指原の時と同じく運営の仕掛けに使うだけの“茶番”でしょうけどね。ジャカルタ行きが決まっている仲川は、特に処分は検討されていないようです」(芸能関係者)

絶対的エースだった前田からセンターを受け継いだ大島だが、スキャンダルの“もらい事故”によって、早くもサプライズの洗礼を受けるのだろうか。
(文=佐藤勇馬)