So-net無料ブログ作成
錦織 全米OP16強ならず ブログトップ

錦織圭 全米OP16強ならず、ミス連発 世界38位に1-3で敗れる<男子テニス> [錦織 全米OP16強ならず]

錦織圭 全米OP16強ならず、
ミス連発 世界38位に1-3で敗れる
<男子テニス>


錦織「ミス多すぎた」と落胆.GIF
3回戦で敗れた錦織圭
[写真/ゲッティイメージズ]



全米オープン

テニスの全米オープン
(アメリカ/ニューヨーク、ハード、
グランドスラム)は30日、
男子シングルス3回戦が行われ、
第7シードの錦織圭は
世界ランク38位の
A・デ ミノー(オーストラリア)に

2-6,

4-6,

6-2,

3-6

で敗れ、2年連続5度目の
ベスト16進出とはならなかった。


この日、第1ゲームで錦織は
フォアハンドのミスを重ねて
デ ミノーにブレークを許す
スタートとなる。

第3ゲームもカウンターショットを
決められるなどでブレークされ、
ゲームカウント0-3とする。

第4ゲームは2本連続の
ダブルフォルトを犯す
デ ミノーからブレークバックすると、
ストローク戦でウィナーが
決まり始めて徐々にリズムをつかむ。

しかし、第7ゲームの
サービスゲームをラブゲームで
ブレークされた錦織は、

第8ゲームで0-40と3本の
ブレークチャンスを迎えたが
デ ミノーに5ポイントを
連続で取られ、
第1セットを落とす。


第2セットも今季ツアー2勝を
あげているデ ミノーに対して
ミスを連発し、最後は
ダブルフォルトにより
第1ゲームでブレークを許して
ゲームカウント1-3とする。

第8ゲームでは激しいラリー戦を
制してブレークバックし、
ゲームカウント4-4に追いつく。

だが第9・第10ゲームを連取され、
2セットダウンの崖っぷちに
追い込まれる。


第3セットもサービスキープに
苦しむ錦織だったが、
第4ゲームで先にブレークすると
ゲームカウント4-1とリード。

さらに第8ゲームもデ ミノーの
サービスゲームを破り、
セットカウント1-2とする。

第4セットは両者一進一退の
攻防が続くも、錦織は
第1・第7・第9ゲームで
ブレークを許し、
3回戦で力尽きた。

一方、勝利したデ ミノーは
4回戦で、世界ランク78位の
G・ディミトロフ(ブルガリア)と
同94位のK・マイクシャク
(ポーランド)の勝者と対戦する。

試合後の会見では
「ミスが多すぎた。つらかった」
と落胆した。


この日、序盤からサービスが
安定しない錦織は2セットダウンの
崖っぷちに追い込まれる。


第3セットは得意のストローク戦で
主導権を握りセットカウント1-2に
追いつくも、今季ツアー2勝を誇る
デ ミノーに8度のブレークを許し、
2時間50分で力尽きた。

錦織は
「攻め切れない時が多かった。

彼(デ ミノー)の
ディフェンスがよかった」
と振り返った。

「サーブも最高ではなかったので、
リターンゲームで余裕が出てこない。

サービスゲームを簡単に取れるのが、
そこまでなかった。

ファーストが入ってくれていれば、
もうちょっと楽にキープ
できていたかもしれないです」

一方、勝利したデ ミノーは
4回戦で、世界ランク78位の
G・ディミトロフ(ブルガリア)と
同94位のK・マイクシャク
(ポーランド)の勝者と対戦する。


tennis365.net 8/31(土) 2:59配信

最終更新:8/31(土) 2:59

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190831-00010003-tennisnet-spo














nice!(1)  コメント(0) 
錦織 全米OP16強ならず ブログトップ