So-net無料ブログ作成
宇垣美里 ブログトップ

宇垣美里が明かす「私がナメられたくない理由」 [宇垣美里]

宇垣美里が明かす
「私がナメられたくない理由」


宇垣美里-1.GIF
(日刊SPA!)

TBSの局アナ時代に
『サンデー・ジャポン』で
コスプレを披露し、

「私には私の地獄がある」

「この世の悪を焼き払いたい」
といった女子アナらしからぬ
発言から“闇キャラ”として
話題になった宇垣美里。

今年4月のフリー転身後は、
その一挙一動がネット記事に
なるなど、さらに注目される
存在に。

一方で、読書家として知られ、
漫画・アニメなどカルチャーへの
造詣も深く、繊細な観察眼と
洞察に富んだ高い筆力で、
執筆業にも活躍の幅を広げている。


今号よりSPA!では月イチの
映画コラムもスタート。

女子アナという狭い枠組みから
飛び出し、より自由自在に
羽ばたき始めた彼女の素顔とは――。


「今のほうが楽しそうに
過ごしていてよかった」
と思ってもらえるようにしなきゃ



――フリー転身から5か月がたち、
ご自身の中で変化はありましたか?

宇垣:何人もの友達から
「穏やかになった」
「綺麗になった」
と褒められるようになりました。

以前は会うたびに、仕事で
ムカついた話を面白おかしく、
ネタに昇華することに生きがいを
感じていたんですけど、
「最近、マリオカートの
話ばかりしているからよかったよ」
と言われます。


――なぜ、変わったと思いますか?

宇垣:自分ではどうしようも
ないことが減ったからでしょうね。

会社員だと、経緯は不明だけど
決定事項のみが下りてくることも
あるじゃないですか。

細かいことを言えば、
メールでやりとりしたのに、
もう一回紙に書いて
提出しないといけないとか。

無駄だと思っても、慣習を
優先しなきゃいけない。

しかも、その理由を知りたくても、
誰に尋ねればいいのかわからない。

今は「なぜ?」と疑問に感じたら、
マネジャーさんに聞けば、
解決しますからね。


――性格的にフリーに向いていた?

宇垣:もちろん、会社という
居場所のありがたさも実感しています。

ただ、私が辞めるとき、
快く送り出してくれた人たちに
「今のほうが楽しそうに
過ごしていてよかった」
と思ってもらえるようにしな
きゃいけない。

そう心に刻んでいます。


――以前、コラムで
「怒りや絶望が原動力」
と綴られていました。

幸せばかり感じると、
面白い文章が書けなくなる
不安はありませんか?

宇垣:すごくイライラしているときは、
書くことが溢れるように出てきて、
編集者さんに「勢いがすごい」
と言われていました。

今はそれがなくなっちゃって。
ほんわかとした文章もいいと
思うのですが、

それだけではダメな
気はしていますね。


人生は悲しくてままならないもの


――『ダウンタウンなう』に
ゲスト出演した際、
「ナメられたくない」
という発言が話題に
なりましたね。

宇垣:ナメられたくないというより、
甘やかされて生きたくないんです。

顔が幼いものですから、
「いいよ、座っていて」
と必要以上に優しくされたり、

「早く結婚していい感じの
お嫁さんになりそうだね」
と言われたりする。

でも、自分の生活を維持できる
くらいのお仕事はさせて
いただいているし、

そういう接し方をされたくないと
常に思ってきました。

その気持ちが、
「ナメられたくない」
という言葉に繫がったんだと
思います。


――この件に限らず、テレビでの発言が
切り取られ、ネットニュースで
頻繁に取り上げられていますが。

宇垣:昨年3月に『あさチャン!』を
離れてから、仕事内容が大きく変わり、
そのような機会が急激に増えましたね。

私の意図とまったく違う形で
伝わることも多々あったので、

「好きにしてくれ!」と
思うようになりました。

他人の見方は変えられないですし、
特に怒るほどのことでもない。

会ったことのない人に別に
何を言われても、自分の人生に
影響ないですしね。


――そう考えても、なかなか
割り切れないものじゃないですか?

宇垣:ひとつひとつのネットの
反応に傷ついても、意味ないかなと。

私が好きな人にだけ好かれたらいい。

万人に愛されたいと無理するのは、
私の性格に合ってないんです。

自分を理解してくれる
友達が身近にいるから、
そう思える面もあります。


――『宇垣美里の
オールナイトニッポン』で
「人生のベースは悲しいもの」
と仰っていました。
この価値観はどのように
生まれてきたのでしょう。

宇垣:太宰治や坂口安吾などの
著作を読むと、基本的に人と人は
わかり合えないし、人生は悲しくて、
ままならないものだと書いてある。

私は、そう解釈しています。

山田詠美さんや
カズオ・イシグロさんの本、
漫画『MASTERキートン』
にもそんなことが書いて
あったような……。

だからこそ、ときどきわかり
合えると嬉しいもの
なんじゃないかなって。


※9/10発売の週刊SPA!の
インタビュー連載『エッジな人々』から
一部抜粋したものです

【宇垣美里】

’91年、兵庫県生まれ。
同志社大学を卒業後、’
14年にTBSに入社し
アナウンサーとして活躍。

’19年3月に退社した後は
オスカープロモーションに所属し、
モデル・女優業や執筆業などに
幅広く挑戦している。

SPA!映画ページでコラムの
連載を開始

取材・文/岡野 誠 撮影/中村和孝 
ヘアメイク/高梨祐子 
スタイリング/小川久美子



週刊SPA! 9/11(水) 8:51配信

最終更新:9/11(水) 8:51



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-01603010-sspa-soci&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190911-01603010-sspa-soci&p=2












nice!(0)  コメント(0) 
宇垣美里 ブログトップ